1. TOP
  2. 抜け毛対策
  3. 飲む日焼け止めが薄毛に朗報なワケとは

飲む日焼け止めが薄毛に朗報なワケとは

抜け毛対策 頭皮トラブル この記事は約 5 分で読めます。 2,110 Views

飲む日焼け止めって知ってますか?

塗るのではなく飲むことで日焼けを予防できるという画期的なもの。

しかしこの飲む日焼け止め、女子だけに朗報なのではありません。

薄毛の人にはもってこいのお薬なのです。

ここではなぜ飲む日焼け止めが薄毛にいいのかご説明していきますね。

あなたもきっと飲み始めるはずです・・・。

薄毛の人の恐怖!紫外線との関係とは

s_621

紫外線といえば、シミやシワ、いわゆる老化を気にする女の気にするもの。

と思いがちですが、実は薄毛の人もかなりの恐怖に陥れることが知られています。

そのワケはずばり頭皮の日焼け!

頭皮が紫外線により日焼けしてしまえば、もちろん頭皮環境が崩れるだけでなく

頭皮の老化を引き起こしてしまい結果として薄毛に。

紫外線を予防しようとして帽子をかぶると今度は蒸れてしまうから薄毛に。

どうしようもなかった薄毛の紫外線予防も飲む日焼け止めでクリアできるかも知れない!?

となれば薄毛の人も飲む日焼け止めが気になってくるでしょう。

飲む日焼け止めの気になる成分は?

620

ポリフェノールであったり、シダの一種だったりしますが

基本的には日焼けをしたことによってできる

フリーラジカルの発生を抑えます。

日焼けをしたことで体内で発生するフリーラジカルは皮膚細胞を傷つけシミそばかすや

シワなどの老化を引き起こしてしまうものです。

飲む日焼け止めはこのフリーラジカルができたら破壊してしまう効果を持っているのです。

肌の老化を気にする人は、飲む日焼け止めを飲んだ後に更に塗る日焼け止めを塗った方がいいですが

薄毛の人はこの飲む日焼け止めを飲むだけでも大丈夫です。

頭皮に日焼け止めは塗れませんからね・・・。

頭皮は他よりも3倍紫外線を浴びる

624

頭皮はからだのどの部分よりも断然太陽に近い場所。

もちろん日焼けもしますし、紫外線も浴びます。

特に薄毛であれば薄毛であるほど紫外線が直撃します。

となると紫外線を防ぐには帽子が必須!

しかし大人になれば時と場合により、いつでも帽子を被れるわけじゃあないですよね・・・。

そんな時にこの飲む日焼け止めを飲んでおくと、紫外線に薄毛の頭皮があたっても

紫外線からのダメージを受けにくくなるという訳なのです。

薄毛だからより紫外線からのダメージを防ぐ!

622

髪が生えている人よりも断然頭皮のダメージを気にしなくてはいけないのが

薄毛の人!

飲む日焼け止めを飲んで、薄毛の進行を食い止めておきましょうね。

肌に塗る日焼け止めが合わなかった人にも、飲む日焼け止めは薄毛の人だけでなく

誰でも(4歳以上)使える画期的な飲む日焼け止めなのです!

それでは飲む日焼け止めの効果的な飲む方をご紹介します。

飲む日焼け止めの飲み方

625

基本的に紫外線に当たる30分前の服用がおすすめされており、

朝飲めば一日大丈夫!的な事も書いていますが、

それはその人の一日の過ごし方によると思います。

飲む日焼け止めの効果は4~5時間。

それ以上薄毛を紫外線に当ててしまう可能性のある人は、

もう一度昼からでも飲む方がいいでしょう。

特に、一日中屋外で仕事をしている人なんかはそれだけ薄毛を紫外線にあててしまうリスクが

上がりますので薄毛の人はできれば飲んでおきたいものですね。

もしかすると紫外線が原因で薄毛になってしまっているのかもしれません。

しかしこれも裏面の注意事項が商品ごとに変わってくるので、

自分の買った飲む日焼け止めはどうなのかを確認してから飲むようにしましょう。

もし飲む日焼け止めを飲まなかったらどうなるのか

s_623

日焼けします。

そして薄毛の部分を直撃し、薄毛の頭皮トラブルだけでなく

今後の頭皮も老化を進行させてしまい薄毛になる一方です。

それだけでなく皮膚がんなどの危険も伴います。

薄毛であれば薄毛であるほど、紫外線は直撃しますので

本当に飲む日焼け止めが必要な人とは薄毛の人なのかもしれませんね。

紫外線の恐怖

折角なので紫外線の恐怖をもう少し。

紫外線は2種類ありUVA・UVBとあります。

UVAは、肌の内側で活性酸素を作り出し

シワやたるみ、乾燥や毛穴を広げて戻らなくしてしまいます。

UVBは表皮でメラニンを促進させて

シミやがんを発生させてしまいます。

塗る日焼け止めだとどちらか一方に偏ってガードしてしまうものなのですが

飲む日焼け止めはこの両方の紫外線をカットする事ができるので効率的に

文字通り飲む日焼け止めとなるのです。

紫外線を浴びてしまった皮膚は一気に水分保持力を失い、荒れてしまいます。

これがなかなかどうしていつまでも元にもどりにくいんですよね。

だってそれだけダメージがあるから。

なので日焼けは薄毛の人は絶対にガードしたい所なのです。

 

 

年々紫外線がキツク、暑くなるのでこれからは外から(塗る日焼け止め)と中から(飲む日焼け止め)

で紫外線を予防していきたいものですね。

いろいろな種類が出ているので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

【人気記事】ヤーマンの「レヘアボーテ スカルプドライヤー」を使ったら痛んでた髪が・・・

[続きを読む]

\ SNSでシェアしよう! /

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • どうしても気になる子供のふけの治し方

  • 髪の毛って何からできてるの!?栄養は何!?

  • 薄毛隠しでかっこいい方法、ダサい方法って?

  • ウーロン茶で薄毛が治る!?薄毛を予防する効果が!

  • 産後脱毛症にならないための対策3つ

  • 抜け毛の多い食習慣に共通点はあるの?